チャネラーはラジオ♪

今日は珍しく(?)チャネラーっぽいお話( ´艸`)

チャネラー(アニマルコミュニケーターも含む)は、努力をして高性能のラジオになるべき、というのが私のスタンスです。

ラジオにはピンキリがあります。
性能が低いラジオはうまく電波を拾えずに雑音だらけ。
高性能のラジオはどんな場所でも途切れずに電波を拾えるのでひずみのない音が聞こえる。

その電波とは、チャネリング(アニコミ)で伝わってくる情報です。
伝わってくる情報は、繋がった相手や高次元の存在が流してくれています。

いわば、養成講座では、ラジオの電源をONにしてアンテナを伸ばし、選局する方法を教えているような感じです。
生徒さんの中には、最初はうまく情報を拾うことができない人もいます。
それはまだ電波を拾うためのアンテナが貧弱で、雑音が多いからです。
でも、続けることでアンテナが徐々に広がって、うまく情報を拾うことができるようになります。

ただ、ラジオは電波が流れていなければ、電源をONにしてアンテナを広げても音を出せません。
つまり、チャネリングの相手や高次元の存在が情報を流してくれなければ、チャネラー(アニマルコミュニケーター)は何も話すことが無いのです。

だからチャネラー(アニマルコミュニケーター)は、高性能のラジオになるべく自分の能力を磨く努力はできるけど、そこまでしかできない。
電波に乗っていない=知る必要が無い情報を、盗み出すようなことはできないのです。
それが宇宙の法則です。

能力が開花した時点で気をつけなければいけないのは「チャネリング(アニマルコミュニケーション)の能力が向上した “私” は、他の人よりも優れている( ̄▽+ ̄*)」という気持ちに捕われないようにすることです。
このような発想は逆にチャネリング(アニマルコミュニケーション)の能力を低下させてしまいます。

逆に、チャネリングやアニマルコミュニケーションを始めたばかりの人は、「あの人の方が私よりもスゴイ」と思うことがあるかもしれません。
でも、その人にはその人の役割があり、あなたにはあなたの役割があります。
あなたの役割を他の人が代わりにやることはできないのです。

誰でも皆、その人にしかできない役割があるのですから、謙虚な気持ちでしっかりとその役割を果たすことにだけ意識を向けていれば良いのです。

ただ謙虚に・・・高次元の存在/宇宙の創造主にとって、使い勝手の良い道具となるべく自分を差し出す姿勢がチャネラーには求められているのだと思っています。

長文をお読みくださり、ありがとうございました(^.^)♪

アニマルコミュニケーター&チャネラー養成講座の詳細はこちら♪
アニマルコミュニケーション(アニコミ)の詳細はこちら♪
「なりたい自分になる」チャネリングの詳細はこちら♪
ヒーリングの詳細はこちら♪

minnne↓でオルゴナイトの通販してます♪
PIPPI-FUTABA’S GALLERY

お読みくださり、ありがとうございました(^.^)/